プロフィール

はじめまして 。

当サイト(Jackと金の豆の木)を運営しておりますJackと申します。

「将来ゆとりのある暮らしを実現するために」という思いから投資を始めることにしました。

将来は社畜ではなく、自分で好きな仕事をやって生活していくことを目標にしています。

当ブログを訪問して下さった方には、私が目標を達成するまでのプロセスを記事にすることで、資産運用に役立つ情報やその楽しさを提供できるように精一杯記執筆していきたいと思います。

略歴

♦18歳で夜の世界に足を踏み入れ、キャバクラのボーイとして働く

煌びやかなイメージとは裏腹に凄まじくハードな世界に足を踏み入れたことを後悔する。

お店で働き始めて3日目で、他店の従業員らから
「そこで3日もった従業員は久しぶりじゃない?笑」
「がんばれよ!」
と言われた言葉が記憶に残っている。

私が入ったお店はヤ○ザ御用達のお店といわれていて、
とにかくその筋の方との付き合いが幅広く、従業員もイケイケ揃い、お客さんも気性が荒い人ばかりということで、新入りにはハードな環境で有名だったらしい。

しかし、日常では考えられない刺激に魅了され、
今まで体験したことのない夜の世界にどんどんのめり込んでいく。

♦23歳でキャバクラの店長

下っ端のボーイから働き始め、気づけば店長に。

当時の上司はというと、ヤ○ザになったり、捕まったりしてすでに誰も残っていなかった。
この頃には、他店の経営者・店長・その筋の方々にも顔も覚えられ、付き合いの幅も多くなっていた。店長になってからは、仕入れや売り上げ管理・従業員の面接、採用から教育などお店の経営管理を行うようになり、さらに忙しくなる。

15~18時間労働・年間休日は20日くらいだった。
ストレスは半端なかったが、やりがいも半端なかった。

♦25歳で退店、東京へ

以前から上京してみたいという憧れはあった。
目的という目的はないが、ただ大都会に行ってみたかった。

このまま真面目に働いていれば、ゆくゆくは経営者への道も見えていたが、
行くのなら25歳までという思いと後で後悔したくないという考えから、キャバクラを辞める決心をした。

♦東京でホストに転身

東京へはノープランで行った。
というより大都会であればどこでもよかったのだ。

今考えると信じられないが、
当時はなんとかなると本気で信じていた。

候補としては北海道・東京・大阪だった。
まず大阪のミナミへ行き、大阪の知り合いからいろいろ紹介してもらい回ったが、
いまいち自分とは合わないと思い東京へ向かった。

とりあえず、地元から東京へ行った連中も何人かいるので、その中から一人に電話をかけてみると、歌舞伎町で働いているとのこと。

東京で住むなら新宿だとイメージで決めていたのでもってこいだったのと、住む家の当てもないなか居候させてくれるという条件がおいしかったので、
歌舞伎町のホストで働くことに決める。

♦ホストでの生活

キャバクラとは違った刺激のある世界。
なによりも驚いたのは飛び交うお金の額。

私が入店したお店は日本屈指の大型店だったが、
営業中はそこらじゅうの席で何万~何十万円のシャンパンの開く音が一日中響いていた。
ランキングTOP10のメンバーは全員売り上げ100万越え、TOP3になると数百万。

当時、このお店でNO.1を獲るには最低1,000万円は必要と言われていた。
実際、当時の絶対的NO.1は毎月500~1000万円を売り上げていた。

そんななか私はランキングとは関係のないところでゆったりと働いていた。
生活できる額は稼いでいたが、特にランキングを意識するでもなく仕事というよりは上京生活を楽しんでいた。

♦28歳で昼職へ転身

ホストに転身して3年を迎えた頃に、ふと将来のことを考えだした。

このままずっと夜の仕事を続けていくのか?
両親は28歳で自分を産み、家を建てた。
それと比較して今の自分(当時28歳)はどうだ?
年齢的にもちゃんとした社会生活をしなくては、と思い昼職に転職することを決意。

♦現在

現在は夜の仕事からきれいさっぱり足を洗い、昼の仕事に勤める。

 昼職を始めたのが遅かったので、当然ながら求職しても鬼のように安い給料しか期待できず、まともに正社員目指すのは諦める。
給料の良い契約社員や、仕事の掛け持ちなどで収入を確保しながら投資で資産の最大化を目指すことを決意し、今に至る。

将来に不安を感じるからこその資産運用

略歴を見ていただいて分かるとおり、私は結構好き勝手な人生を歩んできました。

その分将来への不安も大きいものがあります。
だからこそ、資産運用をして将来に備えるということに気づけたとも思います。
自分が歩んできた道に後悔はありませんが、投資についてはもっと早くやっていればと後悔があります。

それは資産運用には複利の力が働くからで、複利というのは「時間」をかけることで大きく・雪だるま式に資産を増やす効果があるからです。

しかし、過ぎた時間を後悔しても将来の資産が増えることはありません。
今気づけたことに感謝し、すぐにでも資産運用を始めることが将来の自分の資産を増やす近道であると思います。

当サイトが少しでも訪問者様の資産運用の参考になればと思います。