積立NISAで投資家デビュー!2018年最新・口座開設方法とオススメの商品を紹介!


いよいよ2018年から始まる積立NISA。

政府の「貯蓄から投資へ」のスローガンも徐々にではありますが国民に浸透してきているのではないでしょうか?

私の周りでも、これまで投資に興味がなかった(厳密には興味はあったが難しそうで手が出せなかった)という人も、多少なりとも反応を示しているのが見受けられます。

しかし、依然として始め方がわからない方のために、口座開設の手順と複数ある積立NISAの商品の中から私が選別したオススメの商品を紹介していきたいと思います。

NISAと積立NISAの違い

NISA口座には2種類あり、通常のNISAと積立NISAになります。2つを同時に開設することはできず、どちらか一方を選択することになります。

以下にその違いを示します。

  積立NISA NISA
非課税投資枠 年間40万円 年間120万円
投資可能期間 2037年まで 2023年まで
非課税期間 購入後20年間 購入後5年間
対象商品 国が認めた長期保有に適した商品 株式・投信全般
購入方法 積立のみ 一括・積立

通常のNISA口座は年間上限が120万円までなので、月に10万円のペース。方や積立NISAは年間上限が40万円までなので、月に33,300円のペースで投資ができます。

上限額でいうとNISA口座が有利ですが、そのぶん投資可能期間が短くなっています。(ただし5年後にロールオーバーすることで最大10年間活用することができる)

一般的には、投資に月10万円も資産を回せる人は少ないと思われますので、積立NISAくらいがちょうど良いのかもしれません。私的には、欲を言えば月上限で5万円あればとは思ったりします。

また、対象となる商品が積立NISAの場合は絞られています。これは数ある投資対象の中から長期の資産運用に適した商品を国が選別してくれているからです。

投資好きにはありがた迷惑な話ですが、投資を始めたばかりの人や、そもそも難しいことは考えたくないが資産は増やしたいという一般的な人には非常に親切で、優良な商品を選別するという難しいプロセスを省くことができるメリットがあります。

ちなみに私は2017年から通常NISA口座をSBI証券で開設していて、5年後にロールオーバーします。その後、保有証券は通常の口座である特定口座(課税口座)へ移行した上で、新たに積立NISA口座を開設するつもりです。(NISA口座⇄積立NISA口座間のロールオーバーは制度上認められていません)

以下にそれぞれの詳細な資料を示します。

NISA口座

NISAとは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行う方のための非課税制度です。

例えば投資信託に投資した場合、「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。 ただし、他の口座(一般口座や特定口座)で発生した譲渡益や配当金等との損益通算はできません。

金融庁

NISA口座で非課税となる利益

(出典:金融庁

非課税投資枠の取り扱い

NISA口座では、毎年120万円(2015年以前は100万円)分の金融商品(株式や投資信託など)が購入可能です(この120万円のことを、このウェブサイトでは「非課税投資枠」といっています)。

各年に購入した金融商品を保有している間に得た配当金や、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて5年間、課税されません。非課税で保有できる投資総額は最大600万円となります。

非課税期間の5年間が終了したときには、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことができるほか、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に移すこともできます。

なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が120万円を超過している場合も、そのすべてを翌年の非課税投資枠に移すことができます。

現在、NISAは2023年までの制度とされていますので、金融商品の購入を行うことができるのは2023年までです。2023年中に購入した金融商品についても5年間(2027年まで)非課税で保有することができます。

金融庁

(出典:金融庁

積立NISA

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています(対象商品についてはこちら

金融庁

非課税投資枠の取り扱い

つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。

各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間、課税されません。

非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。

非課税期間の20年間が終了したときには、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されます。

なお、つみたてNISAでは、翌年の非課税投資枠に移すこと(ロールオーバー)はできません。

現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。

2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。

金融庁

(出典:金融庁

 

少額からの積立・分散投資の促進のためのNISAの改善

NISA(少額投資非課税制度)については、口座開設数が約1,000万口座、買付金額が約7.8兆円となるなど、制度開始以降、着実に普及しています(平成28年3月末時点)

29年度税制改正では、NISAの更なる普及のため、手元資金が十分でない若年層等の利用を促進 する観点から、少額からの積立・分散投資に適した「積立NISA」の創設が要望されました。

現行のNISAが積立型の投資に利用しにくいことを踏まえ、家計の安定的な資産形成を支援する観点から、少額からの積立・分散投資を促進するための積立NISAが新たに創設されました。

創設に当たっては、投資初心者でも理解できるよう、複数の銘柄の有価証券等に対して分散投資を行うなどの要件を満たし、特定の銘柄等によるリスクの集中の回避が図られた投資信託に商品を限定するとともに、実践的な投資教育をあわせて推進することが重要である。

また、非課税投資の期間が長期にわたることも踏まえ、制度の適正な利用について定期的な点検ができる体 制の構築を前提とする。

金融庁

 

口座開設手順

現在私はSBI証券にてNISA口座を開設していますので、SBI証券での手順を説明したいと思います。

この口座開設がめんどくさくて諦めてしまう人が多いのではないでしょうか?

実際に私の周りでも投資に興味を持ったものの、口座開設などの手続きが面倒(な気がする)で諦めている人もいました。私も始めるまではそんなイメージでなかなか手が動かなかったのでよくわかります。

しかし、以下に説明する手順に沿ってやればそう難しいことはありません。焦ることはありません、順番通りに手続きを行い、投資家デビューを果たしましょう。

手順の流れを説明します。

1,SBI証券のホームページを開き、新規口座開設を申し込む。
2,初回ログインにて登録情報を入力
3,必要書類の受け取り
4,本人確認書類などの返送
5,取引開始

1,SBI証券のホームページを開き、新規口座開設を申し込む。

まずはSBI証券のホームページを開いて「口座開設はこちら」をクリック。

すると口座開設申し込みフォームという画面に切り替わりますので、必要事項を記入していきます。

上から順番に見ていきましょう。

まず初めに口座開設時の本人確認書類の提出方法を選択します。これはどの方法でも構いません。

単純に取引開始時期を早めたいのであれば、最短翌営業日から取引が可能なWEBアップロードを選択する方が良いですが、今回は積立NISAでの運用が目的です。

SBI証券口座での取引が開始されても、それとは別にNISA口座を開設するのに2週間ほどかかるのであまり焦る必要はないでしょう。

WEBアップロードの方法を使うためにはカード型のマイナンバー(個人番号カード)を持っている必要があります。私は個人番号カードを作成していなかったので、書面での提出を選択しました。

その下にスクロールすると、名前・連絡先などを記入する項目が出てきます。

ここは正確に記入するようにしましょう。特に住所は住民票の記載通りに記入しないと、あとでSBI証券ともう1往復本人確認のやりとりをする羽目になります。

さらに下にスクロールすると、特定口座・NISA口座・住信SBIネット銀行などの申し込みについて記入する事項があります。

まず、特定口座についてですが、ほとんどの人は「開設する」にチェックを入れましょう。これにチェックを入れておかないと、自分自身で確定申告をすることになります。

次にNISA口座についてですが、ここで通常NISAか積立NISAかを選択することになります。今回は「つみたてNISAを申し込む」にチェックを入れます。

最後に住信SBIネット銀行、SBIハイブリット預金、預かり金自動スィープサービスについてですが、申し込むことをオススメします。

ここではそれぞれの説明は省きますが、特に住信SBIネット銀行のサービスは優秀でSBI証券との連携も抜群です。後になって開設することもできますが、手間がかかるので、ここで合わせて申し込みしておきましょう。


ここまで記入が終わったら画面下にある「次へ」をクリックします。

すると、各種規定が明記されたページになりますので、内容を一読の上同意にチェックを入れましょう。

正直、後から読み返して嘘でしょう!ってことにはならないと思いますが、気になるようならしっかり読まれるべきです。私はさらっと流しました。

そして、画面下の「確認画面へ」をクリック。

すると、もう一度入力内容に誤りがないかの確認画面になりますので、十分に確認しておきます。

下にスクロールすると、「口座開設のお申し込み方法のご選択」があります。

ここで「オンラインで口座開設」か「郵送で口座開設」かを選択するわけですが、本人限定郵便を受け取れる方はSBI証券間の郵送回数が少なくて済む「オンラインで口座開設」を選択しましょう。

最後に画面下にある「お名前・ご住所・生年月日およびその他の項目を確認して申し込む」をクリックして、確認後、申し込みをします。


これで口座開設の申し込みは完了です。

記入事項や確認書類に不備がなければ、後日(約3日程度)「口座開設手続き完了のご案内」が郵送されてくることになります。

2,初回ログインにて登録情報を入力

先ほどの申し込みを終えると、完了画面でユーザーネームやパスワードが記載されているので、メニューにある「ファイル保存」か「印刷」または別でメモにするなど情報を保管しておきます。

この完了画面の「初回ログインフォームはこちら」から引き続き初回ログインができるようになりますので、ログインして基本情報を記入しておきましょう。

まず、電話番号やメールアドレス、職業などを記入していきます。

「次へ」をクリックしていくと、「現物取引」と「信用取引」の画面に移り、プランを選択することになります。

プランは2種類あり、中・長期の投資にオススメの「スタンダードプラン」と、短期の売買にオススメの「アクティブプラン」です。

基本的に積立NISAは長期投資を前提としているのでどちらも「スタンダードプラン」で問題ありません。というかスタンダードプランが良いでしょう。

下にスクロールすると、「配当金受領方法について」とありますが、これはかなり重要ですので間違えのないようにしておきます

NISA口座で買付た上場株式の配当金などを非課税にするためには、項目に「株式数比例配分方式」とありますので、そこに必ずチェックを入れておきましょう。

積立NISAの場合は、今のところほとんどの商品が非分配型の投信ですが、対象商品にはETFも含まれています。

今後どんな商品が追加されていくかわかりませんので、特別な目的がなければ「株式数比例配分方式」を選んでおくのがベターです。

参考までに配当金受領方法の違いについては以下を参照してください。

(出典:SBI証券)

配当金受領方法について」の選択が終わったら、次はアンケートになります。

アンケートは適当でも構いませんが、これから自分が利用する証券口座のサービス改善に役立つので私は結構真面目に記入しています。

アンケートを記入し終わったら画面下に「次へ」とあるのでクリックすると記入内容の確認画面になります。

入力内容に間違いがなければ「この内容で登録」をクリックしましょう。

次にFX口座の開設を同時に申し込んでいる場合、FX口座開設に伴う質問・確認・同意の画面になるので、それぞれ同様に確認を行い、最後に「同意・承諾の上、申し込む」をクリックします。

ここまで終わると、画面下にスクロールすると「SBIポイントサービスご利用のお手続きをいただけます」という表示があるので、忘れずに手続きを行い登録しておきましょう。

このサービスは複数ある証券会社の中でもSBI証券の競争優位性を上げているお得なサービスなので利用しない手はありません。

以下に内容を示します。

「SBIポイント」とはSBIポイント株式会社が運営するポイントサイトにて提供するポイントサービスです。現金、他のポイントサービス、様々な商品に交換できるポイントです。SBI証券に口座をお持ちのお客さまはお取引実績等に応じてポイントを獲得いただけます。

SBI証券

(出典:SBI証券)

3〜5,必要書類の受け取りと返信、そして口座開設

口座開設申し込み完了後数日すると、SBI証券から本人限定受取郵便で確認書類と返送用書類が届きます。

内容は「口座開設完了通知書兼パスワード通知書」と「告知書(兼NISA申込書)」と「本人確認書類の添付台紙」、「住民票代行サービスの委任状」です。

口座開設完了通知書兼パスワード通知書は大切に保管しておきましょう。

告知書(兼NISA申込書)本人確認書類の添付台紙については簡単なのでここでは説明は省きます。

住民票代行サービスの委任状については、その名の通りSBI証券に住民票の取得を委任できるサービスになりますが、これは自分で取得することをオススメします。

なぜなら、代行を委任すると、そのぶん手続きが長引いてしまうからです。記憶が曖昧で申し訳ないですが、最大で1週間程度伸びてしまうと回答されたと記憶しています。

必要なものを記入・添付したら、漏れがないか確実に確認してポストに投函しましょう。ここで漏れがあると、もう1往復SBI証券とラブレターのやりとりをする羽目になり、それだけで1週間無駄にしてしまいます。


ここまでで口座開設の手順は以上になります。

多少手間はかかるものの、いざやってみると期待通りほどの面倒さはありません。ところどころ出てくる難しい語句で混乱することもあるかもしれませんが、ここに示した手順通りやっていけば問題なく口座開設できるはずです。

積立NISAの商品一覧

SBI証券口座を開設したところで、いよいよどの商品に投資していくのか選別する作業に入ります。

投資先の選別は大変な作業ではありますが、それによって自分の資産の増えかたが変わるわけですから楽しい作業でもあります。

はじめに記述した通り、積立NISAの商品ラインナップはすでに国が長期の資産運用にふさわしいものを選別してくれています。

5〜6,000はあると言われる投信の中でも優良と言えるものはわずか1〜2%に過ぎません。初心者には、なかなかその判断が難しく銀行窓口の餌食になる人があとをたたないわけですが、そんな中、国が厳しいラインを設けて商品を絞ってくれていることは非常にありがたい話です。

現在のところ、指定インデックス投資信託は103本、指定アクティブ投資信託が14本の合計117本の商品の中から選択することができます。

この記事で一覧表を作成しようかとも思いましたが、思ったより数が多いので金融庁のリンクを貼っておきますのでそちらを参考にしてください。

積立NISA創設まもない頃は確か数十本だったと思ったのですが、増えてきているようです。

積立NISA対象商品一覧表(運用会社別)
積立NISA対象商品一覧表(対象資産別)
(金融庁PDFファイルリンク)

積立NISAでおすすめの商品

前述した通り、積立NISAの対象商品というのはすでに優良投信の集まりなわけで、インデックスファンドにおいてはどれを選んでも同じ資産クラスでのリターンはほとんど変わらないというか、後悔する可能性は少ないでしょう。

その中でもファンド運営に大きな影響を与える純資産総額や、投資家が唯一コントロールできるコストとされる信託報酬に焦点を当てて、私の独断と偏見を交えて選別していきたいと思います。

ただ、純資産総額については積立NISA専用に新規ファンドを設置している運用会社も少なくなく、そのため優良なファンドであってもまだ十分な資産が集まっていないことも考えられます。

また、信託報酬などのコストも同様に運用が間もないと実質コストが明確でない場合もあります。それに加え、現在はインデックスファンドの激しいコスト競争が行われているため、今は最安コストでも1年後には違うことも考えられます。

これらの点については、運用会社の同様の資産クラスのファンドの実績やマザーファンドの規模を踏まえて判断しています。

今回、比較的コストが高い投信や明らかにパフォーマンスの投信は除きました。

例えば、過去3年間の売買代金と毎年6月末の選定基準日の時価総額を基に市場流動性の高い1000銘柄を選んだうえで、3年平均ROE、3年累積営業利益、時価総額の3つの指標を、それぞれ40%、40%、20%の割合で点数化したものに、ガバナンスやディスクロージャーの観点から定性的な評価を加えた最終的なランキングで400銘柄を選定する「JPX日経インデックス400」などです。

選定要素は一見魅力的ですが、この指数が機能するのは日本企業がもう一皮剥けた時でしょう。

また、新興国単一でのインデックスファンドは高コストなため除外したいところですが、積立NSAで新興国への投資を行いたい方のために一応リストに載せておきます。

新興国へ投資をするならできればバランス型の投信を活用する方が良いでしょう。もしくは、積立NSAとは別の特定口座でETFを活用することを推奨します。


バランス型投信については、資産配分の悪いと思われる商品は除外しています。

例えば、「ダイワ・ライフ・バランス」シリーズや「DCニッセイワールドセレクトファンド」シリーズなどの日本資産の比率が異様に高いものがそれに該当します。

世界の時価総額比で考えると、日本は10%程度が妥当で、多くても2割、残りは海外に割り当てるべきだと考えます。

複数の商品でアセットアロケーションを組む場合も、上記のシリーズだとリバランスが難しくなります。アセットアロケーションの構築のベースにするなら8資産均等型のバランス型投信の方が理にかなっています。


下記リストの投信名称は、投資分析サイト「モーニングスター」のファンド分析ページにリンクしています。

本来なら運用会社それぞれの投信ごとのページリンクを貼るべきでしょうが、モーニングスターのページの方が1ページに分析結果がうまくまとめられていて情報が確認しやすく、また比較もしやすいためそうしています。

インデックス投信

アクティブ投信

* 独立投信のためSBI証券では取り扱いしていませんが優良ファンドのため掲載しています。
*名称が長いものはインデックス=I、ファンド=F、と省略して表記しています。

注意したいのはNISA口座は1つの証券会社でしか利用できないことです。そのため、今回のリストでいうと、セゾン投信でNISA口座を開設した場合、セゾン投信に取り扱いがない他の商品は積立NISA口座を利用できません。

これは逆も同様に、例えばSBI証券でNISA口座を開設した場合、取り扱いのないセゾン投信の商品を積立NISAで利用することはできません。

ひふみ投信については、独立投信ではありますが、ひふみ投信と同じマザーファンドに投資する「ひふみプラス」という商品が一般に解放されているため、ひふみプラスであればSBI証券などで購入することが可能です。

今回のリストの中に債券単一の投資商品がありませんが、私が選ばなかったというより、そもそも積立NISAの対象商品に入っていません。

これは積立NISAが最長20年という長期投資による資産形成を目的としているためでしょう。

そのため、債券も含めた投資を考えているならばバランス型投信を選ぶか、積立NISA口座とは別に特定口座で債券へ投資する投信を積み立てていく必要があります。

めんどくさいと思われるかもしれませんが、これは理にかなっています。債券というのは値動きが株式と比べて少ないため、仮に最長の20年間運用したところで非課税のメリットを十分に受けることができません。

おすすめ商品でのポートフォリオ構築例

・EXE-iつみたて新興国株式ファンド(100%)
・セゾン資産形成の達人ファンド(50%)+セゾン・グローバルバランスF(50%)
・eMAXIS slim バランス(8資産均等型)(70%)+楽天・全米株式IF(30%)
・ニッセイ・インデックスバランスF(80%)+iFree S&P500 インデックス(20%)
・iFree S&P500 インデックス(60%)+ひふみプラス(40%)
・ニッセイ日経平均IF(10%)+ニッセイ外国株式IF(80%)+EXE-iつみたてグローバル株式ファンド(10%)


 

2018/1 更新

『SBIからEXE-iつみたて新興国株式ファンド(信託報酬:0.18%)EXE-iつみたてグローバル株式ファンド(信託報酬:0.139%)が新設され、積立NISAの対象商品に正式に選ばれました。

これに伴い、激安手数料の両ファンドをおすすめの対象商品としてリストに加えています。

よって、以前までリスト入りしていた「楽天・全世界株式IF」と、取り敢えずでリストに載せていた「たわらノーロード新興国株式」は、これを機に除外しています。

また、「eMAXIS Slim 先進国株式」が信託報酬の大幅な引き下げを行っています。

信託報酬は0.20%→0.11%と約半分になり、先進国株式への投資を考える際にダントツでおすすめできる商品へと変わりました。

よって、こちらも今回のリストに加えることになりました。

(*すでにニッセイ先進国株式IFで積立を開始していても、乗り換える必要はありません。現在、投資信託業界はコスト競争全盛の時代なので、おそらくニッセイも同レベルの信託報酬率に下げてくることが予想されるからです。)

これらの商品の登場により、海外株式への投資する際、手数料などを気にして無理にETFを活用する必要性がさらに薄くなったと言えます。外貨での取引に煩わしさを感じる方には尚更でしょう。

ここまで安い手数料であれば、私も真剣に考えるところです。

 

Jack
にほんブログ村 株ブログへ←「クリック(投票)」応援宜しくお願いします


コメントを残す